2009年02月05日

UQ WiMax モバイルインターネットの決定版?

WiMaxWimax UQ 端末
過去にさまざまなモバイルインターネット接続サービスを利用、検討してきましたが、現在最有力馬のe-mobieを脅かしてくれる、サービスを提供する会社が現れました!!

ずーっといつになったら、実用化されるんだろうといわれていたWiMax(IEEE 802.16e ワイマックス)です。

何がいいって、決定的なポイントだけ書いておくと、
 ・通信速度が速い!下り40Mbps 上り10Mbps
 ・2年縛りがない上に、月額4480円!
 ・端末が1万2,3000円と高くない!
 ・高速移動中も利用できる!
これは決定的にいいです!
メインのインターネット接続にしちゃおうかと思っちゃうくらいです。
使ってみたら、早速レポートします!!
気になるエリアは、
東京23区、横浜市、川崎市がサービス提供エリアとなり、2009年6月末までに、東名阪にサービスエリアが拡大予定。ガンガン増えて行くそうですが、livedoor Wirelessのようにならないかがちょっと心配。でも本命として期待してます!
GIGAZINEでも取り上げられています。
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090203_uq_wimax/

ちなみに、端末は、
USBタイプ、PCカードタイプ、ExpressCardタイプがあります。

UQコミュニケーションズってどんな会社と思ったら
KDDI,インテル,東日本旅客鉄道(JR東日本),京セラが絡んでいるようです。


現在利用できるモバイルインターネットを、ウィルコムのPHSデータ通信、公衆無線LAN、携帯電話によるデータ通信、e-mobileを中心に簡単に比較、まとめておきます。参考までにどうぞ。

・ウィルコムは、
カバーエリアの圧倒的広さと料金が抑えられる利点がありますが、通信速度の遅さがメールの送受信、Flash表示時のストレスになります。

・BBmobleは、
マックがあれば必ず使えるという安心感とブロードバンドという利点がありますが、提供エリアが面ではなく点であるというマイナスと、提供エリア内でも場所によっては接続できないという残念なこともしばしばあります。

・HotSpotも、
BBmobileと似た印象で、モスや、東京メトロ構内で使えるという利点があるものの、BBmobileでのマックよりも酷く東京メトロ構内でも使用できる場所が非常に限られています。

・ドコモ、auの定額インターネットについては、
カバーエリアと通信速度に非常に魅力的があるものの、プロトコル使用目的の制限+料金が高いというマイナスを感じます。

・e-mobileについては、
非常に魅力を感じています。が、2年縛りがほぼ前提となっている点が少し引っかかっていて、導入に迷いを感じています。端末も7.2Mbps対応端末がちょっと値段が急に高くなりすぎという点もきになります。

posted by ken at 01:10 | Comment(0) | インターネット・ブラウザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。