2017年04月09日

Mac BootcampでのEdyチャージ成功! Windows10

AppleEdy
MacのBootcamp※環境でのEdyチャージですが、
Windows10の標準ブラウザであるedgeではうまく動作しませんが、
internet explorlerでチャージ画面を開きなおすことで、
チャージに成功しました。

NFCボート自己診断も成功しているのに、パソリのカードリーダーにカードを置いても無反応だったので、半ば諦めていましたが、風呂に入りながらなんでダメなのか不思議に思っていて、
公式サイトを見ていたら、
https://edy.rakuten.co.jp/edyviewer/help/#step03
Edy ViewerはInternet Explorerでのみご利用いただけます。
・Internet Explorerは、OSでサポートされる最新バージョンをご利用ください。

という記述がありました。
WindowsXP以降Macに移行していて、Windowsのブラウザが変わっていたのに気づきませんでした。。


参考までに当方の環境
MacbookAir 2015モデル MacOs
パソリ RC-S330
Windows10 Professonal バージョン1703 64bit

※Bootcampとは、Macに標準で搭載されているデュアルブート環境を構築するためのツールです。

BootcampでのWindows導入方法
WindowsのISOファイルをMicrosoftのHPからダウンロードしてくることで簡単にMacのパソコンにWindowsを導入できます。
本当に簡単でした。ネット環境にもよるでしょうが2、3時間くらいですべての処理がほぼ自動で完了しました。
もちろんWindosのシリアルキーは別途購入する必要がありますが。
MacOS上でWindowsをエミュレートするタイプではないので、マシンに負荷がかかることもなく、Mac本体の性能をそのままフルに活用できます。
AppleがWindows用のドライバをしっかりと揃えてくれているあたりが素晴らしいです。

MacbookAirを使いたいけど、edyや特定のソフトなど、Windowsでないと動かないものを動かせてしまうので、本当に痒いところに手が届きます。
今気になっているのは、macでは基本的に見れないブルーレイをBootcampでは見れるのかというところです。
普段ブルーレイをあまり見ないので、なかなかドライブ買う気になれないので、どなたか使われたことがある方がいらしたら、コメント欄にでもご一報いただけると幸いです。
posted by ken at 21:46 | Comment(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。